ピアノの修理や調整作業などの写真を載せています。

弊社工場ではお客様のお宅では出来ない大規模な修理も行っております。

一部をご紹介いたします。

響板の貼り替え

【響板を剥がした状態の本体に新しく作り直した響棒を乗せて、寸法を微調整中】
【響板を剥がした状態の本体に新しく作り直した響棒を乗せて、寸法を微調整中】

響板貼り替え作業

経年劣化や過度の湿度変化による響板の割れやヘタリ等、

様々な理由により響板の寿命が訪れたピアノに施す作業。

 古い響板をはがし

海外から取り寄せた上質な材料を自社加工し、接着します。

 

響板に使う材料。輸入したスプルース
響板に使う材料。輸入したスプルース
響棒に使う材料。同じくスプルース
響棒に使う材料。同じくスプルース
加工後、響棒と響板を貼り合わせ裏面の塗装。
加工後、響棒と響板を貼り合わせ裏面の塗装。
駒を取り付けて
駒を取り付けて
本体と接着。
本体と接着。

この後、塗装を施して

フレーム(鉄骨)を乗せて調弦作業後

整調作業→整音作業→調律へと進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


グランドピアノの大屋根の塗装

大屋根塗装作業

乾燥後は人に優しい塗料を使用しています。

古い塗料を削り取ったグランドピアノの大屋根
古い塗料を削り取ったグランドピアノの大屋根
作業完了!写真は黒の艶消し塗装です。
作業完了!写真は黒の艶消し塗装です。

MENU

調律】       ホームページ更新情報

中古】         2020.05.16 クレジットカード決済が可能になりました。

保管】         2020.05.15 ブログ更新      

修理

ブログ】         

クリーニング

お問い合わせ